★英語の学習法 ☆英語のスピーキング

効果的にシャドーイングするための3ステップと2つのポイント

更新日:

シャドーイングで効果を出すための3ステップ

効果的とされるシャドーイングです!

でも、こんな方には、効果がでないのです。

それはこんな方!

「そもそもシャドーイングに必要な英語力が足りない」

「難しい教材を選んでいる」

「やり方が間違っている」

これらの理由から、効果が出ない方がとても多いのです。

 

前回のシャドーイングについての記事はこちら

  シャドーイングで効果が出ない3つの理由

 

ここからは、この理由を踏まえ、効果的にシャドーイングするための3ステップをご説明していきます。

 

効果的にシャドーイングStep1|シャドーイングに必要な英語力をつける

基礎力が不足している状態でシャドーイングしても、学習効果は期待できません。

 

シャドーイングで英語力を上げるためには、まずシャドーイングに必要な英語力を身に着けることから始めましょう。

 

シャドーイングでは、知らない単語や文法に出会ったら、その度に覚えていくことで英語力を上げていくのですが、あらかじめ、ある程度の知識がないと成り立ちません。

 

正しい発音知識、基本的な単語、文法知識が必要なのです。

発音、単語や文法は、中学英語レベルの知識は身につけておきましょう。

リズム、イントネーション、リエゾンは、シャドーイングの中で鍛えていきますが、知識としてわかるようにしておくと良いですね。

 

効果的にシャドーイングStep2|自分に合った教材を選ぶ

シャドーイングで効果を出すためには、教材選びが重要です。

シャドーイングは、音声付きテキストを使用するのが一般的になりますが、選ぶポイントは2つ。

「レベルに合っている教材」「興味をもてる教材」ということです。

まず、「レベルに合っている教材」を選びましょう。
普段使っているリスニング教材や、それより難しい教材だとついていくのは難しいです。

シャドーイングに選ぶ教材は、8割以上の英単語がわかるものが良いでしょう。
テキストを見た時に「こんなに簡単でいいの?」と思うくらいの教材がシャドーイングにはベストです。

 

また、「興味をもてる教材」であることも大切。

海外旅行のための英会話を身につけたい方が、ビジネス英会話の教材で学習しても、モチベーションが上がりません。

自分が興味を持てる内容の教材を選ぶと、楽しく学習することができて効果が出やすくなります。

 

シャドーイングおすすめ教材はこれ!の記事で、おすすめの教材紹介しています。

シャドーイングおすすめ教材はこれ!『シャドーイング大特訓50』

  Contents1 おすすめシャドーイング教材!『中学英語でシャドーイング大特訓50』での効果1.1 シャドーイング効果No1:理解力、リスニング力1.2 シャドーイング効果No2:発音 ...

 

効果的にシャドーイングStep3|正しい方法で練習する

シャドーイングは、シンプルなトレーニング方法なのですが、正しい方法で練習することが大事です。
基本的な5ステップを見ていきましょう。

 

シャドーイング基本ステップ1:英文を理解する

シャドーイングの目的は、ただ真似るだけでなく、最終的にその英文を使いこなせるようになることです。
だから、まずテキストの英文の内容をしっかり理解する必要があります。

単語や文法がわかっていないと、正しく聞き取ることができずに、十分なトレーニングができません。

単語と文法をチェックして、分からない場合はきちんと辞書で調べて正しく理解しておきます。

十分理解した英文でシャドーイングすることで、効果が出やすくなるでしょう。

シャドーイング基本ステップ2:英文の発音を聞く

次は、テキストの英語音声を聞いて発音を確認します。

聞き取れない発音があると、正しく発話することはできません。

 

まずは、声は出さずに、英語音声を聞き取ることだけに集中しましょう。

発音、イントネーション、アクセント、リエゾンなどをきちんと理解してください。

 

シャドーイング基本ステップ3:英文を見ながらシャドーイングする

英文の意味と発音が理解できたら、実際にシャドーイングしていきましょう。

はじめは、テキストの英文を見ながら、英語音声を聞いてシャドーイングします。

 

発音やイントネーションが多少間違っても、まずは音声のスピードについていくことに集中してください。

徐々に、発音やイントネーションに注意しながら、シャドーイングしていきましょう。

 

シャドーイング基本ステップ4:英文を見ずにシャドーイングする

最後はテキストを見ずに、英語音声だけを聞いてシャドーイングしていきます。

これが、やってみたら意外とむずかしいのです。

 

シャドーイング基本ステップ5:自分の音声を録音して聞く

自分の音声を録音して確認することで、シャドーイングの効果をさらに高めることができます。

スマホの音声機能やアプリなど何でも良いので、シャドーイングしている声を録音してみてください。

 

発音できていないところ、発音できているけどスピードについていけないところ、リズムやイントネーションが間違っているところを洗い出してください。

そしてその部分を中心に練習を重ねていきましょう。

シャドーイングは、実際に正しくできていなくても、何となくできた気になってしまいます。
だから、録音して客観的に聞く作業がとても大切です。

 

このような流れでトレーニングしていくのが基本的な方法です。
ただし、以下2つのポイントが重要になります。

効果的にシャドーイング|2つのポイント

ポイント1|効果的にシャドーイング|スロースピードから始める

はじめからネイティブのスピードに合わせてシャドーイングすると、ついていくだけで大変になってしまい、適当な発音になってしまいます。

シャドーイングの目的は、ネイティブの音声をしっかり真似ることです。

スピードについていけないと、正しく真似ることが難しいでしょう。

そこで、はじめはスロースピードから始めるのがポイントです。

スマホアプリやウォークマンを使うとスピード速度を調節することができるので、0.8倍速くらいにすると良いでしょう。

スロースピードに慣れたら、ネイティブのスピードに変えていきます。

こうすることでスムーズにシャドーイングができるようになるので、効率よくトレーニングができます。

 

ポイント2|効果的にシャドーイング|短い英文から始める

はじめから長いセリフをシャドーイングする方がいますが、これはおすすめしません。

英文の意味が理解できない状態でただ真似ることになってしまうで、知識が定着しないでしょう。

これでは、シャドーイングの目的である「最終的にその英文を使いこなせるようになる」に到達することができません。

 

はじめは短い英文から始めて、その英文を使いこなせるようになってから、それを繋げた長文に挑戦してください。

そして、センテンスごとに、シャドーイングしていきましょう!

 

これにより、しっかり知識を定着していくことができるはずです。

このように、まずシャドーイングに必要な英語力を身につけ、自分にあった教材を選び、さらに基本の5ステップと、2つのポイントで正しくシャドーイングの練習をすれば、きっと学習効果が上がっていくでしょう。

 

【まとめ】

今回は、3回に分けて大人気の英語学習方法シャドーイングについてご説明してきました。

1回目  シャドーイングの7つの効果!

2回目 シャドーイングで効果が出ない3つの理由

リスニング力とスピーキング力を同時に鍛える効果が期待できるトレーニング方法なのですが、実は上手くできていない方も多いのです。

シャドーイングの練習で学習効果を上げるためには、まず基礎的な英語力を身につけること、自分に合った教材を選ぶこと。

さらに、正しい方法でシャドーイングをすることが大切です。

そうすれば、シャドーイングの練習で英語力を上げていくことができるでしょう。

Cathy
次からはシャドーイングの教材についてです。

 シャドーイング教材メリットとデメリット!選び方5つのポイント

効果的にシャドーイングするための3ステップと2つのポイント

シャドーイングで効果を出すための3ステップ 効果的とされるシャドーイングです! でも、こんな方には、効果がでないのです。 それはこんな方! 「そもそもシャドーイングに必要な英語力が足りない」 「難しい ...

 

 

-★英語の学習法, ☆英語のスピーキング

Copyright© アラン&キャッシーのEnjoy English Life♪ | やり直し英語学習者のサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.