☆英語のリスニング 役立つ英語学習

通勤時間に英語をマスター!おすすめ勉強法!

投稿日:

Contents

英語を勉強したくても時間がない…、というやり直し英語学習者はたくさん!
みんな、学生の頃にもっと勉強しておけば良かった!と思うけれど、もう時間は戻りませんよね。

そんな方におすすめしたいのが、通勤時間を有効活用した英語勉強法です。

仕事や家事や子育てに追われる方は、まとまった時間が確保しづらいもの。
それなら、通勤時間を上手く使って勉強しましょう!

でも、通勤電車の中で、ただ何となく単語帳を見ているだけではNG。

効率よく勉強するためには、いくつかのコツがあるのです。

せっかく学習するなら効率的に学習していきたいですよね。

今回は、通勤時間に英語学習するメリットデメリットや、おすすめの学習方法をご紹介していきたいと思います。

 

通勤時間に英語をマスター!平均的な年間通勤時間は?

平均的な通勤時間ってどのくらいだと思いますか?

なんと、年間約300時間!

 

「通勤時間だけ勉強しても、大した時間にならなそう…」と思うかもしれませんね。
でも、実は通勤時間だけでも、年間で考えると結構な時間になるのです。

 

総務省統計局の「社会生活基本調査から分かる47都道府県ランキング 」

(平成28年社会生活基本調査結果より)によると、平日の1日あたりの通勤・通学時間の全国平均で往復1.19時間。

 

この平均データを参考に、週に5日、月に20日出勤するとして年間の平均時間を計算してみましょう。
1.19時間×20日×12ヵ月=285.6時間になりますね。約300時間近くの学習時間を確保できることがわかります。

英語習得に必要な学習時間は3,000時間と言われています。

 

日本人は、中学、高校で約1,500時間英語学習をしているのが一般的とされているので、やり直し英語学習者が必要な英語学習時間は約1,500時間になりますね。

つまり、平均的な通勤時間の方の場合、通勤時間をフル活用して英語学習すれば、5年で英語習得ができる計算になるのです。

もし、往復2時間の通勤時間がかかっている方なら、3年で1,500時間を確保できることになります。

あなたの通勤時間の場合、年間何時間の学習時間が確保できるか計算してみてください。
意外とまとまった時間になるはずです。

 

通勤時間に英語をマスター!通勤時間の使い方の第一位は?

通勤時間の使い方の第一位はニュースサイトの閲覧です!

公的な平均データによると、年間の通勤時間は約300時間にもなることがわかりました。

この時間を英語学習にあてれば、十分な学習時間が確保できるでしょう。
それでは、多くの方は、この通勤時間に何をしているのでしょうか。

 

株式会社オンラインスクールが行った興味深いアンケート結果がありますので、ここでご紹介したいと思います。

1都3県在住の通勤に電車を利用しているビジネスパーソン男女1,000名を対象に、「通勤電車の過ごし方に関する実態調査」を実施。

 

1位が「ニュースサイトの閲覧」32.4%

2位が「特に何もしていない」24.7%

3位が「音楽やラジオを聴く」22.3%

4位が「SNSの利用」22.1%

という結果になり、

「勉強」と答えた方はわずか4.9%。

やはり、スマホでニュースサイトをチェックしている方が圧倒的に多いことがわかります
ニュースサイトは気軽に閲覧できるので、ついつい見てしまうんですよね。

情報収集することも大事ですが、ぜひ、この時間を英語学習に変えていきましょう。

 

通勤時間に英語をマスター!通勤時間に英語学習するメリットは?

通勤時間は英語学習をするのに十分な時間が確保できます!

 

ニュースサイトをチェックするのではなく、通勤時間を英語学習時間として有効活用していきましょう。

通勤時間の英語学習には、意外とメリットがたくさんあります。

 

通勤時間に英語をマスター!①習慣化できる

英語学習は毎日コツコツ習慣的に行うことが重要です。
でも仕事に家事に追われる方にとって、毎日同じように学習時間を確保するのってすごく難しいですよね。

「今日も勉強しようと思ったけど疲れて寝てしまった…」「今日は家事が溜まっていたから勉強ができなかった…」など、忙しい人にとって毎日勉強するのは大変です。
たくさん時間が確保できる日もあれば、全くない日もあるでしょう。

通勤時間なら、毎日必ず同じ時間を確保することができます。だから、英語学習がルーティーン化しやすいのです。

通勤時間に英語をマスター!②集中して勉強できる

家の中には、テレビ、ネット、雑誌等など、勉強を妨げる様々な誘惑がありますよね。

勉強しようと思うと、掃除や洗濯などの家事が気になって、勉強に集中できないこともあります。
通勤時間には、そのような誘惑がありませんよね。だから、意外と集中して勉強することができるのです。

また、なかなか集中がもたないという方でも、通勤時間の30分~1時間という短い時間なら集中しやすいメリットもあります。
家でダラダラ何時間も学習するより、すきま時間に集中して学習するほうが効率よく学習できるのです。

通勤時間に英語をマスター!③メリハリのある学習ができる

英語学習は、とにかく継続することが成功の秘訣。

そのためには、無理なく学習することが大切です。

どんなに疲れて帰ってきた日でも毎晩3時間ずつ勉強する!と目標を立てて頑張っても長続きしないでしょう。
毎日「帰ったら勉強しなきゃ…」と思うと、それだけでストレスを感じてしまうかもしれませんね。

通勤時間に英語学習をしてしまえば、家に帰ったら英語学習に追われることなく、リラックスして過ごすことができます。
余力がある時だけ勉強すればいいのです。

平日は通勤時間にして家ではしっかり休む、休日は家で学習する等、メリハリのある学習ができるところがメリットと言えます。
だから、継続して英語学習を頑張ることができるのです。

 

通勤時間に英語をマスター!通勤時間に英語学習するデメリットは?

メリットが多い通勤時間の英語学習ですが、残念ながらデメリットもあります。

 

通勤時間に英語をマスター!①満員電車では勉強しにくい

まず、満員電車で勉強するのは至難の業。参考書や単語帳を広げて学習するのは難しいです。

無理に本を広げて、周りの人の迷惑になってしまうのは避けたいですよね。

 

通勤時間に英語をマスター!②歩きながら勉強できない

通勤時間は、電車に乗っている時間だけではありません。

自宅から駅まで、駅から会社まで、乗り換えの時などは、当然歩いて移動しますよね。
歩きながら本やスマホを見るのは非常に危険です。

通勤時間がたくさんあっても、歩きながら勉強できないと、十分な時間の確保は難しいでしょう。

 

通勤時間に英語をマスター!③モチベーションが維持できない

自宅で勉強するよりも集中しやすい通勤時間学習ですが、「ボーっとしてスイッチが入らない…」という方も多いはず。

朝はまだ目が覚めていなくてボーっとしてしまう…、帰りは疲れてボーっとしてしまう…ということが多いですよね。

だから、なかなか勉強スイッチが入らずモチベーションが維持できないデメリットもあるでしょう。

 

通勤時間に英語をマスター!通勤時間に英語学習するコツ

ここまで、通勤時間に英語学習するメリットデメリットをご説明してきました。
ここからが重要です!

このメリットデメリットを踏まえて、通勤時間に学習するコツを考えていきましょう。

 

通勤時間に英語をマスター!①スマホで完結できる学習をする

通勤時間に英語学習する時に問題になるのは、満員電車の場合です。

参考書は単語帳を広げて勉強していたら、周りの人の迷惑になってしまいます。

そこで、基本的に通勤時間の学習の教材は、紙ではなくスマホで完結できるものを選びましょう。
スマホ学習なら、電車の中で座っていても立っていても勉強しやすいですよね。

普段は参考書や単語帳で勉強する派の方も、通勤時間がスマホを活用した学習法に変えてみてください。

通勤時間に英語をマスター!②音声学習をする

でも、満員電車で手が使えない時、さらに歩いて移動する時にはスマホの画面を見て勉強することができません。

そこで、さらに準備しておきたいのが音声学習のための教材です。

音声学習は手を使わずに勉強できるだけでなく、イヤホンをして聴くので集中しやすく、周りの人の邪魔にならないメリットもありますね。

また、周りの人にスマホ画面や参考書を見られるのが恥ずかしい…という人でも、音声学習なら安心です。

通勤時間に英語をマスター!③使い勝手の良い教材を使う

通勤時間に学習する場合は、様々な制限があるため、使い勝手が良いことも重要です。

操作しやすいアプリ、再生しやすい音声学習ツールなどを準備しておくと、サクサク学習できて効率がアップしますね。

また、じっくり勉強するコンテンツがメインの教材ではなく、短時間で学習できるコンテンツがある教材を選ぶのがコツです。
すきま時間に学習することを前提にした教材を選びましょう。

 

通勤時間に英語をマスター!④楽しく学習できる教材を使う

通勤時間に学習するデメリットは、モチベーションが維持しにくいことです。

眠い朝、疲れた帰りでも、モチベーションを維持して勉強できる教材を選ぶことが大切。
楽しく学習できる教材を使うことが、成功の秘訣になるでしょう。

 

通勤時間に英語をマスター!⑤いくつかの教材に絞って使う

通勤時間は限られた時間の中で、コンパクトに、効率よく学習することが求められます。

だから、色々な教材を使ってしまうと、どれも中途半端になってしまうでしょう。
通勤時間の英語学習のための教材は2、3つに絞って、集中的に学習するのがおすすめです。

 

通勤時間に英語をマスター!通勤時間におすすめの英語学習教材2つ!

それでは、このような通勤時間に英語学習をするコツを踏まえて、実際にどんな教材がいいのかご紹介したいと思います。

私がおすすめするのは

「スタディサプリEnglish新日常英会話コース」

  スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)


「1000時間ヒアリングマラソン」

【アルクのお薦め】1000時間ヒアリングマラソン 【音声DL・電子書籍付き】

この2つ!

これは間違いありません。
それぞれの特徴をご紹介しましょう。

 

通勤時間に英語をマスター!【スタディサプリEnglish新日常英会話コース】

人材業界の最大手のリクルートが手掛けるスタディサプリの英語学習シリーズの1つ。
おすすめは「スタディサプリEnglish新日常英会話コース」と「オンライン英会話」がセットになった教材です。

月額6,028円(税込)となっています。

通勤時間には自学自習アプリで予習をして、週末にオンライン英会話で実践練習をする、というサイクルを繰り返すことで、インプット力もアウトプット力も鍛えることができます。
通勤時間に英語学習するツールとして、以下のようなメリットがあります。

①すきま時間に学習できる

1日最短3分から学習できる短いコンテンツが満載。
通勤時間の短い時間を有効活用するのに最適です。

②学習機能が充実している

スマホ学習とは思えないほど充実の学習機能がついているので、通勤時間に濃い英語学習が叶います。
飽きない工夫が凝らしてあるので、やる気が出ない時でも安心です。

③ドラマ式レッスンで楽しく学習できる

通勤時間の英語学習を成功させるコツは「楽しい教材を選ぶこと」です。
この教材は、本格的なストーリーによるドラマ式レッスンなのでとにかく楽しい。どんどん引き込まれていきます。
自然に英語学習が習慣化されるでしょう。

④聞き流し学習ができる
「オートリスニング機能」で聞き流し学習ができるので、通勤時間の移動中にも安心。
多くの学習時間を確保することができます。

⑤初心者でも安心
初心者、英語やり直し学習者にもやさしい学習サービスなので、無理なく続けることができます。
自分のペースで学習できるのが魅力です。

⑥モチベーションが維持できる
学習時間の管理機能を搭載されているので、独学でもモチベーションを維持しならが進めることができます。

⑦料金が安い
英語学習を無理なく持続できるため「続けやすい料金」にこだわっています。
スタディサプリEnglishは、通常2,500円(税込)ですが、スタディサプリEnglish新日常英会話コースとオンライン英会話(ネイティブキャンプ)のセットプランは、月額6,028円(税込)です。
オンライン英会話ネイティブキャンプの月額料金は、6,480円(税込)なので、スタディサプリとセットで利用したほうがお得になります。

このように、通勤時間に英語を学習するために必要な要素が詰まった教材です。
「7日間の無料体験」をすることができますので、ぜひチェックしてみてください。



スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

通勤時間に英語をマスター!【1000時間ヒアリングマラソン】

英語教育大手のアルクが手掛けるリスニング教材。

本格的でありながら、通勤時間やすきま時間に学習できる効率的なコンテンツというところが魅力。英語学習者から非常に評価の高い教材です。

教材は、メイン教材「マンスリーテキスト」と副教材「ENGLISH JOURNAL」。
どちらの教材も、PDFデータと音声DL(ダウンロード)付きとなっています。
受講料は、12ヵ月コース54,780円(税込)と6ヵ月コースの受講料30,800円(税込)です。
通勤時間に英語学習するツールとして、以下のようなメリットがあります。

①1000時間という目標がいい
通勤時間の英語学習は、マラソンのようにコツコツ毎日続けることが大事です。
この教材は、その名の通り、マラソンのように1000時間かけヒアリング学習していくことが目的です。
1日3時間、1年で1000時間学習することを目標にしています。目標がハッキリしていると、継続して頑張ることができますよね。

②毎月新しい教材で学習できる
通勤時間の英語学習は、とにかく楽しい教材が必要です。
1000時間ヒアリングマラソンの教材は、毎月新しいものが届きます。
「今、世界で起きている話題」「今、世界で使われている英語」を学ぶことができるので、楽しく学習することができるでしょう。

③様々なジャンルのコンテンツがある
マンスリーテキストには、フリートーク、ニュース、インタビュー、コラムなど、様々なジャンルのコンテンツがあるので、英文を聞いていて飽きることがありません。
テキストはどこから始めてもOKなので、その日の気分で好きなコンテンツを選べるのが嬉しいです。

④テキストの内容が充実している
通勤時間にヒアリングしていると、文法がわからなかったり、聞き取れないフレーズが出てきたりするでしょう。
この教材は、ただの聞き流し教材ではなく、テキストの内容が充実しています。
通勤時間に聞いていてわからなかった部分は、しっかりテキストの解説を読んで理解することができるので安心です。

⑤ENGLISH JOURNALが面白い
副教材ENGLISH JOURNALは、世界の最新ニュースや著名人のインタビューなど、読み物としても楽しめる英語学習情報誌となっています。
毎月新しい話題が盛り込まれるので、飽きずに学習できるのが魅力です。

⑥音読トレーニングもしっかりできる
1000時間ヒアリングマラソンは、ただ聞き流し学習をするだけでなく、同時に音読トレーニングも行います。
通勤時間はしっかりリスニング力を鍛えて、週末はスピーキング力を鍛える、という効果的な学習ができるのです。

このように、1000時間ヒアリングマラソンは、通勤時間に学習するための教材と言っていいほどおすすめです。
550円で利用できる「体験キット」が用意されていますので、興味がある方はチェックしてみてくださいね。



【アルクのお薦め】1000時間ヒアリングマラソン 【音声DL・電子書籍付き】

通勤時間に英語をマスター!【まとめ】

通勤時間は、貴重な英語学習の時間です。

通勤時間の英語学習は、習慣になりやすく、家で学習するより集中できるメリットもあります。
家では勉強に追われずしっかり休めるというメリットもありますね。

ただし、ダラダラ学習するのではなく、効率的な学習方法を実践することが大事。
効率よく学習することができれば、英語力が確実にアップするでしょう。

おすすめ教材は「スタディサプリEnglish新日常英会話コース」と「1000時間ヒアリングマラソン」。

あれこれたくさんの教材に手を付けるより、この2つに絞って学習するのがおすすめです。

-☆英語のリスニング, 役立つ英語学習

Copyright© アラン&キャッシーのEnjoy English Life♪ | やり直し英語学習者のサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.