★英語の学習法 ☆英語のリスニング

英語のリスニング(英語耳を特訓しよう!)

更新日:

英語のリスニング(英語耳を特訓しよう!)

英語のリズニングはむずかしい!

もちろん、知らない英単語や知らない英語表現もあるでしょう。

でも、簡単な英語さえ、聞き取れないことありませんか?

ビートルズの歌で、「Let it be.」と言う歌は有名ですね。この歌を思い出してください。

「レット、イット、ビー」と言う発音じゃぁないですね。

「レッリッビー~♪ レッリッビー~♪レッリッビー~♪」と聞こえてきたと思います。

どうして?「t」だから「ト」じゃないの?と思った事がありませんでしたか?

そうです!

それは、英語のリズムと関係があるのです。

日本語の単語には、アクセントはなく平坦ですが、英語は、アクセントのある母音だけを強く発音します。

そして、そのほかの母音は、あいまいに弱く発音するか、省略されるのです。

強く発音するところと、弱く発音するところがあるために、単語と単語が、つながったり、弱くなったり、短くなったり、消えたり、別の音に変わったりします。

なぜなら、その方が、言いやすいからです。

単調で平坦な日本語と比べると、高低があって、強弱があって、長短があるので音楽のようですね。

それぞれの音の長さや、強弱が違うので、一定のリズムがあった方がスムーズなのです。

これが「英語のリズム」です。文字で書かれた英語の文章はわかるのに、聞き取れないのは、この「英語のリズム」があるからです。

平坦な日本語に慣れている日本人にとっては、この「英語のリズム」が、英語のリスニングを難しいものにしているのです。

でも、いくつかの代表的なパターンさえ知れば大丈夫です。英語のリスニング力UPのためにもこの英語のリズムの理屈を覚えましょう!

 

英語のリスニング(英語耳を特訓しよう!)

<大きく5つのグループに分かれます。>

 

1.CONTRACTION(短縮)…音を省略する。

2.REDUCTION(弱化)…音が弱くなる。

3.DELECTION(脱落)ELISION (消失) …音が消える。

4.LIAISON(リエゾン・連結) …音がつながる。

5.ASSIMILATION(同化)…音が変化する。

実際の英語は、一つの文章には、この5つが混合しています。

REDUCTION(弱化)があったり、LIAISON(リエゾン・連結)があって、つながったり、消えたり、それは単純でなく、混じり合っているのです。

単語と単語が、つながるから、同化と、脱落とが同時に発生したり、

音が弱くなって、変化するなどいろいろなパターンがあります。

参考書などによって、分類の仕方も違います。

よくあるパターンごとに分類しました。

たくさんの例文も用意しました。

理屈より、耳を慣らし、口の筋肉を慣らす事です!

方程式だけ覚えても、実際、耳と口を慣らさないと身につきません!

口語のパターンとしてまず理屈を知る。

そして、いくつもの文章を、実際に声に出して言ってみましょう。

代表的な「英語のリズム」のパターンを覚えて、音の変化に慣れたら、その後の発音やリスニングは飛躍的に高まります。

代表的なものをパターンで紹介します。

まだ完成していませんが、これのパターンがでてくる例文で動画も作成中です。お楽しみに!

英語のリスニング(英語耳特訓!):主語の短縮

will → I’ll

◆ One Point

I will「アイ ウイル」はwillが「ル」と短くなって「アイル」となります。

◆ Explanation

この短縮形は おなじみで学校でも習いましたね。

英語では、特に口語では頻繁に短縮形が使われます。

これらの短縮形を、英語のリスニングのためにも、再度チェックしましょう。

I am →I’m

You are → You’re

He is →He's

She is → She’s

We are → We’re 

They are → They’re

 

ここでは、完了形のhave 以外の省略形を練習します。

(完了形のhaveは、後の章でじっくり練習しますのでここではスキップします。)

英語のリスニング(英語耳特訓!):主語の短縮 ◆ words

■ 現在形の省略

I am  →I'm

I am not → I'm not

You are → You're

You are not → You're not / You aren't

He is →He's

He is not →He's not /He isn’t

She is → She's

She is not →She's not / She isn't

We are → We're

We are not → We're not / We aren't

They are → They're

They are not → They're not/ They aren't

It is → It'

It is not  It's not / It isn't

there is → there '

here is → here '

■ 未来形

I will → I' ll 「アイオ」

I will not → I won' t

You will → You' ll

She will →  She' ll

He will → He' ll

They will    They' ll

it will → it' ll

 

☆「Ill 」の「L」の音ですが、単語の最後に「L」がつく場合、「L」の音が自然に、小さくなり、はっきり「ル」と聞こえません。

L」で舌を歯茎の上にしっかり付けなくてもいいのです。

会話の中では、いちいち舌を歯茎の上に付けている間がなくなるからです。

舌を上に付けようと努力するより、「L」の発音の前に小さな「オ」を入れてから、「L」の音を気持ちだけ小さく入れるような感じです。

(例)Ill → 「アイォ(ル)」

beautiful → 「ビユーディフォ(ル)」

 

■ 過去形

I was not → I wasn' t

You were not → You weren’t

He was not → He wasn’t

She was not → She wasn’t

We were not → We weren’t

They were not → They weren’t

It was not → It wasn’t

■ その他 助動詞

I would  →  I’d

You would  → You’d

They would  → They’d

That would  → That’d

can not    can’t

could not     couldn’t

would not   wouldn’t

should not    shouldn’t

must not   mustn’t

has not  → hasn’t

have not → haven’t

■疑問詞

Who is → Who '

What is → What '

What are → What 're

What will → What 'll

英語のリスニング(英語耳特訓!):主語の短縮 Sentences  15文章

▼I’m famished.

*「アイム」(もうお腹がぺこぺこよ!)

hungry以外の表現も覚えましょう!

▼You’re  selfish, aren’t you?

*「ユーア」(あなたは、わがままよね。そうじゃない?)

▼He’s in to tennis.

*「ヒーズ」(彼はテニスにはまっている。)

▼I’ll be there at 9:30.

*「アイオビーゼアー」(9時半に行きますね。)

▼I won't be home for dinner this evening.

*「アイウオゥン()ビー」(今晩は、食事には帰らないよ。)

won’t の発音は、「」「オウ」で「ウオウント」です。

want の発音と間違わないように!

▼Why don’t you go for a dinner tonight?

  • 「ドーンチュー」(今夜 お食事でもいかが?)
  • ドント+ユーで、ドンチューとなります。→◎後P?参考
  • Why don’t you ~?は、(~をしたらどうですか?)

と、提案する時に使える便利な表現です。

▼I'd like to confirm my reservation.

*「アイドライクタ」(予約の確認をしたいです。)

I'd like to の「to」は弱くなって「タ」となります。

▼I'd better leave here this evening.

*「アイドベラー」(今晩ここを立たなくちゃ)

betterのtは、べラーと「r」の音に変わります。

▼I can’t believe it.

  *「アイキャント」(信じられないわ。)

▼It couldn't be helped.

*「イット クドゥンツ ビー」(仕方がなかったの)

▼You mustn’t tell him.

     *「ユーマスンツ テリム」(彼に言っては駄目よ。)

tell himhimの「h」は消えて「im」になります。→◎後の章

▼The door wouldn't open.

*「ウドゥン(ト)」(そのドアは、どうしてもあかなかった。)

▼That’d be fine.

  • 「ザッ(ド)ビー」(それはいいわね。)

▼Who’ll take care of it?

  • 「フーオ」(誰がそれを処理するの?)

▼When’s your birthday?

*「ウェンズ」(お誕生日はいつ?)

 

リスニング力はすぐつきません。

マラソンを完走するくらいの持続力が必要ですね。

リスニング教材の王道はこれかな?



-★英語の学習法, ☆英語のリスニング

Copyright© アラン&キャッシーのEnjoy English Life♪ | やり直し英語学習者のサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.